インフォメーション

2019-11-10 17:45:00

 こんにちは(^^)今日の富山は晴れて朝は

冷え込み青空駐車の車のガラスは凍って

ました。立冬を迎えて冬が近づいてきました。

 

いよいよ、肌や髪が乾燥する季節ですね。

ISLANDでは、施術前に髪と肌にシッカリと

保水をして保護しダメージを軽減させます。

 

保水されると地肌はバリア効果が上がり

薬剤から守られます。髪も同じですが

仕上がり時に乾燥やクセやウネリが落

着き扱い易くなります。ドライヤーやアイロン

の熱に強い髪になります。

 

オイルや流さないトリートメントを使った様な

マトワリつく不自然な質感はなく顔廻りや

首筋も痒くなりません。

違和感のない自然な潤いです。

 

では、カラー(白髪染め)をしながら

保水(化学物質を使わないトリートメント)

 

髪と地肌に保水をして

拡がりとクセやウネリが落着きましたね。

 

 

髪の中間から毛先が素髪の状態に付着

したスタリング剤が酸化して大変な事に

 

酸化したオイル等がゴワつき拡がって。

要らない化学物質(オイル)を落として

保水してから白髪を退治しました!

 

毛先もキレイに収まりました。

 

保水には化学物質をつかわない

某大学のラボからの

こちらを普段のホームケアで使うと

髪と地肌の健康が持続します。

 

スタイリング剤や普通のトリートメントを

使った場合はこちらを↓

https://ameblo.jp/island-boo/entry-12539283667.html

 

詳しく知りたい方は化学物質を使わない

トリートメントをご体験下さい!

https://island-boo.jp/info/2709609

 

 

 


2019-10-31 19:48:00

こんにちは(^^)本日の富山は晴天した。

少しづつ晩秋に入ってきました。

 

11月のお休みは

  4,11,17,18,25日になります!

 

 髪にパーマでキレイなカールをかける

 カラーでキレイな色彩を出す

この時に邪魔をするものがいます。

普段、使ってるトリートメントやコンデショナー

寝ぐせ直しアイロン前のローション等など。

髪をキレイにするものの、成分です。

 

 ポリマーやシリコンや人工界面活性剤などの

成分は髪の手触りツヤを良くしてくれますが

パーマやカラーをする時に髪の表面を覆い

ます。粒子の小さなものは内部に入り込み

薬剤の作用を阻害します。そのため、薬剤の

作用に時間かかり、更に強いアルカリ剤

を使ったりし髪に負担を掛けます。

美容師側の話ですが・・・。

 

 一番の懸念はポリマー、シリコン、人工界面活性剤

が 髪に頑固に付着して重ねられると特に毛先

がゴワつきやパサついてきます。

地肌は堆積していくと乾燥したり 脂質異常を

起こしたりし酷くなると炎症になります。

子どもさんに使うと 顕著に症状が表れので

ピカピカやツルツル成分の入ったものは

考た方が無難なようです。

 

人工界面活性剤などの人工化学物質や

酸化皮質を優しく簡単に取除きます!

シャンプーに添加して使うだけです。

高分子シルクとヒドロキシアパタイトの

生体親和性のバイオマテリアルでできてます。

包摂・吸着機能で洗浄、保湿、常在菌活性化

保護がされます。

 

お肌のお手入れには、洗顔料に添加すると

日焼け止めやファンデーションなどの化学物質

を吸着し簡単に洗い落とせますが、肌への

攻撃は一切ないのです。

蚕からできたシルクをメーク前に付けると

肌に直接ファンデーションや日焼け止が触れない

ので 肌が元気になります。寝る前に美容液

として使え、肌に有害なものが一切ないので

常在菌が活性化し 清潔な肌を保ちます。

翌朝の化粧のノリが違います!

●トリニティー・スタビライザー

  50ml:3,600  100ml:6,800

 

詳しくはお店で!

 

では、人工化学物質を取除き 化学物質を

使わないトリートメントで保水をして保湿を

した方を・・・・・・。

 

違和感のない化学物質を使わない潤いを!

 

https://island-boo.jp/info/2709609

 

 


2019-10-08 10:20:00

 本日の富山は時折雨です。

 

今回は「常在菌」の事を書きます。

「常在菌」とは、主に健康な人に存在する微生物

(細菌)のことをさします。腸内に最も多くその数

100兆個、皮膚表面に1兆個、口腔内は1,000億

個と存在しています。

「常在菌」は 人の健康維持に貢献する善玉菌

健康を害する悪玉菌、環境によりそのどちらに

ども傾いていく日和菌にわけられる。

 

肌の「常在菌」のこと語るには関係の深い髪や

体毛に付属した「汗腺」「皮脂腺」を。

「汗腺」は水やタンパク質を分泌、「皮脂腺」

は脂質を分泌します。「汗腺」にはエクリン

汗腺とアポクリン汗腺がありますが今回は

「汗腺」と一つで呼んでおきます。

健康な髪や肌には「汗腺」からでた水(汗)と

「皮脂腺」からでた脂質が必要不可欠です。

その水と油を混ぜてクリームにしてくれる自然の

界面活性剤の役割をしてくれるのが「常在菌」

なのです。「常在菌」が作り出したクリームが

大切な肌のバリア効果を生み出し肌の水分

の蒸発を防いでくれます。

 

「常在菌」がバランスが崩れた時にニキビが

できたり 傷口が化膿した、炎症やかゆみを

起こしたり、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎

などの厄介なことも引き起こします。

 

ただ、それは「常在菌」のバランスが崩れた時で

その殆ど原因は先天性のものではないので

正しいお手入れで防げるものです。

 

「常在菌」の特徴などを知ればお手入れも

変わり 「常在菌」と仲良く共存していけば

肌の中で各部分が正常に働き、タンパク質

や脂質や水分が適正になります。肌から髪

に供給されるのも適正になり、

髪や肌も健康になります!

加齢で供給が多少不足てもバランスが

とれる為に極度の低下は免れます。

詳しくは また書きます。

 

頭皮ケアのクレンジングシャンプー、潤い

成分配合のシャンプーやトリートメント

ボディーソープ等は殆どが「常在菌」の

ことを考えたものが少なく 皮膚環境を

低下させてます。便利になり過ぎると

大事なものまで 失ってしまう気がします。

 

 

 

髪の水分量が満たされた方々

 

もともと要らない化学物質の入ったトリー

トメントは使ってられないので 保水を

すると良い感じになりました!

 

毛先が軽すぎるのでカットしたいのですが

切りたくないので、カラーと適正な水分量に。

 

「水の道」を阻害していたポリマーやシリコン

等を簡単に取除き水分量をあげました。

 

人工化学物質使わないトリートメントは↓

           https://island-boo.jp/info/2709609

 

 


2019-09-13 19:11:00

こんにちは!本日の富山は残暑の厳しさも

一段落して過ごしやすです。

 

9月のお休みは15,16,23,30日になります。

月曜日の祝日はお休みです。

宜しくお願いします。

 

髪と地肌の保水、保湿の整った方々を

 

 

 

 

皆さん、メニューは違いますがヘナ、草木染め

潤いカラーをしながら水分量を上げました!

 

髪と地肌の関係をお話しします。

 

長年にわたり美容師として多くのお客さんに

携わらせて頂くと髪とカラーとくに白髪染めの

方の髪の太さが細くなってきたり、乾燥して

きたりする事に直面しました。その様な方は

髪だけではなく地肌も乾燥したり色も少し

褐色がかったりして、本来の水分量が低い

ので白っぽさがない。

 

当然、白髪染めのお薬はアルカリなので

沁みる!でも、1か月過ぎると白髪が

嫌なので 我慢して染める。沁みる!

 

悪循環!地肌が乾燥してると、毛根を

取り巻く環境も悪くなり 脂質類やケラチン

の生成や分泌が落ちるので生えてくる髪も

変形したり乾燥した状態になります。

 

そうなると、髪はウネリやクセがが強くなり

乾燥しダメージを受けやすくなります。

 

肌の話を

 

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成され

ケラチン、コーラーゲンのタンパク質とセラミド、

コレステロールの脂質とヒアルロン酸の糖質

などからつくられています。

 

肌の働きは

・外部からの刺激から守るバリア機能

・皮脂や汗を分泌して老廃物の排出機能

・体温を一定に保つ体温調節機

・異物や細菌などを排除し体を守る免疫機能

など等があります。

 

バリア機能が低下すると色々な肌トラブルが

起きてきます。敏感肌、アトピー、乾燥等。

 

 

バリア効果の低下の原因は一般的に言われてる

肌の細胞の入れ替わりが遅くなったり早すぎたりする

ターンオーバーの乱れや空気の乾燥や紫外線や

洗う時などの摩擦、加齢による皮脂分泌の低下

などがありますが、因子だと思われます。

        

一番の原因はそれらの因子を抱えながらも

保水がされていない事です。

 

肌に水を補ってあげても 肌表面から蒸発する時に

内部の水分までもをもっていきます。

化粧水でも同じです。

以前に 髪の保水の大切さ で保水に触れた

 

保水とは、水分を与えて保つこと。

保湿とは、湿った状態で油分で「フタ」をすること。

 

水分を与えて保ってからでないと油分で「フタ」

をしても 肌の状態は良くなりませんね。

 

髪は毛根以外は死んだような細胞って言われます。

髪は傷むと修復はされないし出来ないものです。

髪と肌はよく似た構造です。各部位は名前こそ

違いますが働きは良く似ております。

 

最近では 保水を通り越して保湿が良く謳われて

いますが、保水が出来ないので化粧水を入れますが

直ぐに乳液やクリームで「フタ」をして誤魔化している

ように思えます。

 

 セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの肌に

良いとされているものもですが 化粧水や美容液

やクリーム等に配合されています。しかし、肌の

免疫機能は体内で生成した以外のものは異物と

認識して排出してしまいます。それ以外にポリマー

などの人工化学物質が含まれたものを入れようと

しますので、免疫機能も混乱してしまいます。

また、厄介なことにナノ技術で大きさを小さくされ

各機能が障害を起こしてアレルギーや皮膚炎など

の症状が表れるように思われます。

 

先に、述べた通り 正しい保水をしていくと

肌や髪の中の変形や縮小したタンパク質が

正常な形に近く形成され 少なくなったセラミドや

ヒアルロン酸が増えて分泌され始めます。

基礎的なことをしっかりと抑えないと 肌や髪は

良い方向に向かいません!

 

狭い認識かもしれませんが、今現在で私の

知る限りでは 正しい保水 をできるものは

セオリーRだけなようです。

 

結果は直ぐに出したですが、正常な状態に

戻したい方はコツコツと積み上げて

上等な潤いを手に入れましょう!

誤魔化すお手入れは 基礎的な保水をした

後に少しだけに止めておいた方がよさそうです。

 

上質な髪と地肌の潤いを得たい方は↓

       https://island-boo.jp/info/2709609

 

 

 

 


2019-09-03 17:40:00

こんにちは!今日の富山は朝のうちは激しい雨

今は曇っております。新たな台風が発生しましたが

大したことがないように!

 

 前回、髪の保水の大切さを書きました。

自分の勉強不足もありますが、以前の保湿等の

書き込みを今のブログの書き込みで訂正します。

何卒、ご寛容のほどをお願いします。

 

今回は保湿です。

保水とは、水分を与えて保つこと。

保湿とは、湿った状態で油分で「フタ」をすること。

 

髪の保湿が必要なのは 多くの方が毛先ないし

中間から毛先の方だと思います。一握りの乾燥

しやす方は全体に必要ですが。そんな方は

地肌も必要でしょうが それは次の機会に。

 

では、何を使って「フタ」をすればいいのでしょう?

基本的に 残らないもので酸化しないもの。

残って酸化すると髪のキューティクルの開閉の

働きを阻害するので。髪の成分である油分の

CMC(細胞膜複合体)等に近いものが望ましい

です。高純度(余分な物を取除いた)ホホバ

オイルやスクワランオイルがお薦めです。

手に付けるとスーっと馴染む位の物を。

髪が濡れている時に1,2滴を丁寧に馴染ませる

ようにして下さい。それで、保湿は完了です!

 

劇的な変化はないかもしれません。

初めは地道に積み上げるありませんが

確実にキレイな髪になりますよ。

ヌルヌルしたものを付けたや不自然な質感を

卒業して上質な潤いを手に入れて下さい!

 

こちらのお客さんは全て人工化学物質の

トリートメント的なものは使っておりません。

 

基本は 髪の保水の大切さ が一番重要です!

 

化学的には未だ実証してませんが

 

仮説ですが、セオリーRを使って髪のケアを

すると、髪の内部でセオリーRの極一部成分

である黒曜石の特徴である水和層から出てる

水分分子の水素結合が、絶えず水分子を

保持することが働き 理想の水分量を実現

しているのでは、と考えられます。

 

もう一つの憶測ですが 

熱作用を加えることで更に水分子の道が

髪の根元から毛先まで通ることで、毛先の

失われたタンパク質や脂質等が良好な状態

の根元から少しは流動するのでは、と考え

られます。毛先のキューティクルも少しは再生

してるような気がします。

 

あくまでも、憶測や仮設ですが・・・・・。

  でも、それを試したい方は↓

       

ISLANDのホームページ

 

 

 



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...