インフォメーション

2020-02-18 16:26:00

こんにちは(^^)今日は久しぶりの積雪でした。

新型コロナウイルスの収束を祈ります!

 

お休みのご案内

2月24日 3月2,9,15,16,23,30日です。

 

 髪と地肌に水分量が大切な理由

今回は美容師側のわけです。

 

髪を染める時はヘアカラーを使います。

(ヘナ、草木染め、マニキュア等以外)

ヘアカラーはアルカリ剤が含まれています。

このアルカリ剤が髪のキューティクルを拡げて

脱色し染料を髪の中に入れて染ます。

 

水分量の少ない乾燥毛やダメージ毛は

このアルカリ剤によって髪のキューティクルが

溶けたり削れたりされます。キューティクル

の開閉弁まで壊されて中のタンパク質

(コルテックス)までに到り溶かしだします。

 

地肌には、乾燥している肌はバリア効果が

弱っているのにアルカリ剤が付着すると更に

バリア効果が弱まり チクチクやヒリヒリと

刺激があり炎症を起こす事もあります。

 

最も怖いのは、その状態が続くと髪が細く

なるのは勿論、アレルギー物質を受けやすく

かぶれを引き起こしてしまう事です!

 

かぶれを起こすとヘアカラーが

出来なくなっていまいます。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

対策は・・・・・・。

 

ヘアカラー前に髪と地肌の水分量を上げる

ことです。単純に水で濡らしても水分は

蒸発してしまい途中から上記のような状態に

なってしまいます。

 

こちらの方は施術前に髪と地肌の水分量を

しっかり補充しました。

一番、水分量を適切に上げるには

セオリーRを使います。余分な化学物質を

使わないトリートメントができます。

 

こちらの方はクセ毛ですが、#セオリーRを

使って髪の水分量が上がり扱い易くなり

最近、髪の長さが短くても収まります!

 

髪と地肌の水分量を上げる事は大切です。

ご自分自身を守るため。快適にヘアカラー

を楽しむためでもあります。

 

 

上質の潤う髪と地肌を手に入れたい方は

         ↓

https://island-boo.jp/info/2709609