インフォメーション

2019-09-13 19:11:00

肌と髪の保水の話

こんにちは!本日の富山は残暑の厳しさも

一段落して過ごしやすです。

 

9月のお休みは15,16,23,30日になります。

月曜日の祝日はお休みです。

宜しくお願いします。

 

髪と地肌の保水、保湿の整った方々を

 

 

 

 

皆さん、メニューは違いますがヘナ、草木染め

潤いカラーをしながら水分量を上げました!

 

髪と地肌の関係をお話しします。

 

長年にわたり美容師として多くのお客さんに

携わらせて頂くと髪とカラーとくに白髪染めの

方の髪の太さが細くなってきたり、乾燥して

きたりする事に直面しました。その様な方は

髪だけではなく地肌も乾燥したり色も少し

褐色がかったりして、本来の水分量が低い

ので白っぽさがない。

 

当然、白髪染めのお薬はアルカリなので

沁みる!でも、1か月過ぎると白髪が

嫌なので 我慢して染める。沁みる!

 

悪循環!地肌が乾燥してると、毛根を

取り巻く環境も悪くなり 脂質類やケラチン

の生成や分泌が落ちるので生えてくる髪も

変形したり乾燥した状態になります。

 

そうなると、髪はウネリやクセがが強くなり

乾燥しダメージを受けやすくなります。

 

肌の話を

 

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成され

ケラチン、コーラーゲンのタンパク質とセラミド、

コレステロールの脂質とヒアルロン酸の糖質

などからつくられています。

 

肌の働きは

・外部からの刺激から守るバリア機能

・皮脂や汗を分泌して老廃物の排出機能

・体温を一定に保つ体温調節機

・異物や細菌などを排除し体を守る免疫機能

など等があります。

 

バリア機能が低下すると色々な肌トラブルが

起きてきます。敏感肌、アトピー、乾燥等。

 

 

バリア効果の低下の原因は一般的に言われてる

肌の細胞の入れ替わりが遅くなったり早すぎたりする

ターンオーバーの乱れや空気の乾燥や紫外線や

洗う時などの摩擦、加齢による皮脂分泌の低下

などがありますが、因子だと思われます。

        

一番の原因はそれらの因子を抱えながらも

保水がされていない事です。

 

肌に水を補ってあげても 肌表面から蒸発する時に

内部の水分までもをもっていきます。

化粧水でも同じです。

以前に 髪の保水の大切さ で保水に触れた

 

保水とは、水分を与えて保つこと。

保湿とは、湿った状態で油分で「フタ」をすること。

 

水分を与えて保ってからでないと油分で「フタ」

をしても 肌の状態は良くなりませんね。

 

髪は毛根以外は死んだような細胞って言われます。

髪は傷むと修復はされないし出来ないものです。

髪と肌はよく似た構造です。各部位は名前こそ

違いますが働きは良く似ております。

 

最近では 保水を通り越して保湿が良く謳われて

いますが、保水が出来ないので化粧水を入れますが

直ぐに乳液やクリームで「フタ」をして誤魔化している

ように思えます。

 

 セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの肌に

良いとされているものもですが 化粧水や美容液

やクリーム等に配合されています。しかし、肌の

免疫機能は体内で生成した以外のものは異物と

認識して排出してしまいます。それ以外にポリマー

などの人工化学物質が含まれたものを入れようと

しますので、免疫機能も混乱してしまいます。

また、厄介なことにナノ技術で大きさを小さくされ

各機能が障害を起こしてアレルギーや皮膚炎など

の症状が表れるように思われます。

 

先に、述べた通り 正しい保水をしていくと

肌や髪の中の変形や縮小したタンパク質が

正常な形に近く形成され 少なくなったセラミドや

ヒアルロン酸が増えて分泌され始めます。

基礎的なことをしっかりと抑えないと 肌や髪は

良い方向に向かいません!

 

狭い認識かもしれませんが、今現在で私の

知る限りでは 正しい保水 をできるものは

セオリーRだけなようです。

 

結果は直ぐに出したですが、正常な状態に

戻したい方はコツコツと積み上げて

上等な潤いを手に入れましょう!

誤魔化すお手入れは 基礎的な保水をした

後に少しだけに止めておいた方がよさそうです。

 

上質な髪と地肌の潤いを得たい方は↓

       https://island-boo.jp/info/2709609